コラム

おすすめレンタルサーバ

Webサイト(ホームページ)の運営をする場合に必要になるレンタルサーバ。
中小企業や個人事業主の方など、小規模なWebサイトの運営をされる場合におすすめのレンタルサーバと、ドメイン取得についてご紹介します。

おすすめレンタルサーバ

「レンタルサーバ」と検索してみれば、星の数ほどのレンタルサーバ会社が出てきます。何を基準に選べばよいかわからず困ってしまう方も多いのではないでしょうか。私自身が今使っているサーバも、決定するまでに結構な時間を費やしてしまいました。

ここでご紹介するのは、小規模なWebサイト運営向けのリーズナブルなレンタルサーバです。3社ありますが、1社目は現在使用しているサーバ、2社目は今一番気になっているサービス、3社目は決定までの最終候補に残ったサーバです。

1. 高速・安心・コスパよしのエックスサーバ

現在、サイトやブログの運営に使用しています。機能面は必要なものがおよそ一通りのものが揃っており、サーバは国内管理、優れた負荷耐性でアクセス集中にも安定の環境です。標準で過去7日分のデータを自動バックアップしてくれる機能もあるので、万一の時も安心です。
また、サイトの表示速度向上やセキュリティに関するアップデートが随時、積極的に実施されている点や、WordPress向けのセキュリティ対策設定が充実している点、日本語Webフォントが無料で使えるなど高く評価できます。
一般的な使用目的であれば「X10」プランで充分だと思います。10日間の無料お試し期間があります。

エックスサーバー

2. ゼンロジック

仮想専用構造となっており、一般的なレンタルサーバの一歩上を行くパフォーマンスと安定性を実現しています。
サーバー環境が自動で強化・改善され常に最新の状態が保たれる点、スペック(プラン)変更でもデータ移行や解約を必要としない点でも優れています。
特別スピードを求めたりしない限り共有サーバの「プランS」でよいと思われます。こちらは2週間の無料お試し期間があります。

Zenlogic[ゼンロジック]

3. さくらのレンタルサーバ

国内管理のサーバ、大容量のバックボーン、なのに安いということで定評がある老舗のレンタルサーバ会社です。
ライトプランは制約が多いためおすすめできません。セキュアなFTP(SFTP)にも対応した「スタンダードプラン」以上をおすすめします。
ただ、個人的には管理画面が少し使いにくい印象で、この点が改善されるとよいですね。

さくらのレンタルサーバ

ドメインの取得・管理

サーバと合わせて必要になるのがドメインですが、ドメインの取得・管理についてもおすすめをご紹介しておきます。
なお、ドメインも毎年ランニングが発生しますがそれほど高額なものではありませんので、企業であれば「.co.jp」、地域のお店や士業などは「.jp」など信頼感のあるものを選択されることをおすすめします。

スタードメイン

現在、ドメインの管理に利用しています。リーズナブルにドメインの取得・更新が可能です。
また、ドメインを取得すると登録者名や住所などの連絡先を公開する義務が生じますが、このような個人情報を伏せておけるWhois情報公開代行も無料なので安心です。

スタードメイン

ムームードメイン

こちらもリーズナブルにドメインの取得・更新が可能です。管理画面はこちらの方が若干わかりやすい印象です。プライベートで使用しているドメインはこちらで管理しています。

ムームードメイン

サーバやドメインは誰が用意する?

レンタルサーバやドメイン取得と聞くと、「すごく難しいのでは」、「自分にできるだろうか」と思われるかもしれません。
実際に、難しいと感じる方もいるかもしれませんが、ネットで買い物をしたことがある方なら申し込み自体はたいして難しいものではありません。申し込みフォームの指示に従って住所や氏名・連絡先を入力、レンタルサーバーであればプランの選択を、ドメインであれば取得したいドメインの選択をして、最後に決済情報を入力すれば完了です。ネットショッピングと大差ありませんよね。
自分で申し込みをするだけで、手数料をとられたり、怪しい「制作〜サーバまで込み込みプラン」に契約してしまうなんていうことも避けられます。その後のサーバ設定などは普通は制作会社が必要なことをしてくれますので、何も心配することはありません。

逆に、申し込み代行を依頼された場合に困るのが決済です。お手軽なレンタルサーバやドメイン取得では、ほぼ間違いなくカード決済です。カード情報を聞くわけにもいきませんので、引き落としの度に手数料を含めて請求することになってしまい、「もったいないなぁ」と、もやもやした気持ちになってしまいます…。

sincar designコラム