コラム

WordPress、本当に必要ですか?

このところ、「WordPress(ワードプレス)でホームページを作りたい」というお見積依頼をよくいただくのですが、誤解も多いように感じられますので、メリットばかりではなくデメリットがあるということをお伝えしたいと思います。

いつ頃からか、格安ホームページ制作会社などの宣伝で「WordPressを入れれば簡単に更新できますよ」という触れ込みをよく見かけるようになりました。そんな風潮の影響からか、お客様の方から「WordPressで作りたい」と連絡があることもしばしばです。実際、近頃は「WordPress」というCMS(Webサイトの管理更新システム)ツールを使用してWebサイト(ホームページ)が制作されることも多くなってはいますが、内容をよく理解しないまま「とりあえずWordPressなら安くで更新システムが入れられる」と考えている方が多いようなので気になるところです。

01. WordPressを入れるだけで簡単に更新できるようになるんでしょ?

YESかNOかといわれればYESです。文章メインのブログのように文章を流し込むだけなら確かに簡単です。
ただ、ビジネス用途となると、実際には写真を挿入したり表を入れたりと、文章以外の要素が少なからず入ってくると思います。それを、標準の本文入力欄でユーザー(読み手)が見やすいように体裁を整えたりするのは、恐らく「カンタン」と聞いてイメージされるほど簡単なものではないのが現実です。特にレスポンシブ(スマホ対応)にされている場合は、PCとスマホそれぞれの見え方を考えなければならず、例えば写真を2枚を横に並べるだけでもHTMLやCSSの知識なくしては決して容易ではありません。

仮に、社内にHTMLやCSSの知識がある人がいるなら、WordPressでも問題ありません。でも、その人が退職したら、次もHTMLやCSSの知識がある人を雇う必要があります。

02. WordPressなら安くで作れるんでしょ?

こちらもYESかNOかといわれれば、YESです。使いやすさや見た目を考慮しないのであれば安くで済ませることも可能です。
でもそれは、例えばその辺からダウンロードできる無料のテンプレートで済ませたり、ちょこっと色を変えたりしただけのオリジナリティのないものの場合です。安さを売りにしている制作会社の実績を確認してみてください。写真や色を少し変えただけの、似たようなデザインが並んでいませんか?
ビジネスでは他社との違いを見せることが鉄則ですが、他社や他店とほとんど同じような作りや見た目で本当にいいのでしょうか。

03. WordPressのメリット・デメリット

それでは、一体どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。簡単にご紹介ます。

メリット

  • ある程度の知識があれば、手軽に更新・運用ができる
  • 世界で最も使われているCMSであり、さまざまな機能を追加するプラグインが豊富にある
  • ベースは無料のツールなので他のCMSと比較して低コストで導入できる

もともとが無料ということもあり、CMSとしては比較的低コストで導入することが可能です。思い通りのレイアウトは簡単ではありませんが、お知らせやブログなど文字ペースで不定形の情報発信に向いています。

デメリット

  • 標準の状態では、思い通りのレイアウトをするには一定の知識があることが前提となっている
  • 世界で広く使われているだけあって、ハッキング被害に遭いやすい
  • セキュリティ管理などランニングコストがかかる

WordPressは確かに「他のCMSと比べれば」比較的低コストで導入できます。ただ、ハッキングの標的になりやすいため常にシステムの管理をする必要があり、何もしなくても公開している限り保守費用がかかります(管理ができるだけのスキルがあり、ご自身で管理される場合は不要)。また、機能追加のプラグインも豊富ではありますが、こちらもWordPressと共に恒常的に管理していく必要がある上、WordPressのバージョンアップにより突如動かなくなることもあり得ます。

04. 価格には必ず理由がある

何でもそうですが、安いには安い、高いには高いだけの理由があります。
くどいようですが、WordPressの入力画面は標準の状態では、思い通りのレイアウトをするには一定のHTMLの知識があることが前提となっており、誰でも簡単に使えるものではありません。そのため、格安の制作業者でWebサイトを構築すると、結局自分自身で更新ができなかったり意図するレイアウトにできなかったりというだけでなく、更新したことによって著しくデザインを損なう結果にもなりかねません。外からは見えないだけに、発注前に判断するのは困難です。

また、例えばそもそも年に数回しか更新しないとすれば、WordPressを導入する必要があるでしょうか。sincar designでは、将来性などを考慮した上で、WordPress化することをおすすめしない事もあります。またWordPressを導入する場合は、“使いやすさ”に配慮し、可能な限りご自身で更新いただけるようにお客様それぞれにあわせて入力画面をカスタムメイドしています。

WordPressという言葉や目先の費用にとらわれず、数年先を見据えて判断することが大切です。

sincar designコラム